Renewable Energy
新しいエネルギー社会をめざして

COMPANY

会社案内

当社は、再生可能エネルギー発電所の、企画、建設準備、運営及びメンテナンス、そして山林の再興事業を推進する会社です。

main_mori.jpg dscn5796.jpg main_mori.jpg

SERVICE

事業紹介

再生エネルギー発電所の事業計画立案とその運営およびメンテナンス、燃料供給事業。燃料供給元となる山林循環型再生事業。

SERVICE01

再生可能エネルギー事業

発電所の企画・建設

再生可能エネルギーの、企画、建設準備(各開発申請など)、設備認定取得、事業計画立案、後の事業売却。

SERVICE02

発電所運営事業

運営及びメンテナンス

再生可能エネルギー発電所の、運営及びメンテナンス(O&M)。
FIT期間(20年間)の燃料(木質)供給事業。

SERVICE03

山林循環型再生事業

山林の再興事業

バイオマス発電所を建設する周辺の山林育成。

 

開発事例:バイオマス発電所

 

  •  
  • 福島平田村バイオマスパワー1号
    (2022年6月運転開始)
    発電量:2000kW
    想定年間発電量:14,400,000kW
    事業用地面積:41,714.29㎡
    世帯数:約3,300世帯
    空撮映像

  • 福島平田村バイオマスパワー2号
    (2022年4月工事着工)
    発電量:2000kW
    想定年間発電量:14,400,000kW
    事業用地面積:44,121.01㎡
    世帯数:約3,300世帯
    空撮映像

  • 開発案件:山形県米沢市

     

    •  
    • 山形米沢バイオマスパワー
      発電量:7,100kW
      想定年間発電量:52,106,000kWh
      事業用地面積:11.5ha
      世帯数:約12,060世帯
      空撮映像

    • 山形米沢南工バイオマス発電所
      発電量:7,100kW
      想定年間発電量:52,106,000kWh
      事業用地面積:1.8ha
      世帯数:約12,060世帯

    • 米沢高圧バイオマス発電所1号
      発電量:1,990kW
      想定年間発電量:14,400,000kWh
      事業用地面積:0.5ha
      世帯数:約3,300世帯

    • 米沢高圧バイオマス発電所2号
      発電量:1,990kW
      想定年間発電量:14,400,000kWh
      事業用地面積:1ha
      世帯数:約3,300世帯
      南工3か所映像

所有山林:東北地方(一例)

 

  •  
  • 山形県
    (2022年2月現在)
    山林面積:89ha
    空撮映像

  • 福島県
    (2022年2月現在)
    山林面積:123 ha
    空撮映像

木質バイオマスの現状と展望について

㈱三共のバイオマスボイラ稼働実績データ

SDKのバイオマス発電ストラクチャ
 PDFダウンロード
<参考>林野庁 森林経営管理制度(森林経営管理法)について
<関連会社>株式会社レック

ACCESS

新電力開発株式会社

東京都世港区新橋2丁目20番15号
新橋駅前ビル1号館707
電車でお越しの方へ
JR新橋駅 汐留改札 地下直結